エンジョイ・バスタイム

バスタイムが楽しくなるお役立ち情報をお届けします。

【冷え性におすすめ】お風呂上りやサウナのツボマッサージ【サウナ・スパ有資格者が解説】

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

冷え圧ツボマッサージ-eye-catch

こちらの記事でサウナ・スパ有資格者が冷え性におすすめのツボマッサージを紹介します。
お風呂上りやサウナで行うとより効果的です。
ぜひ、お試しください。冷え性にお悩みの方に役立つ情報をお届けします。

 

執筆者の紹介

この記事は公益社団法人日本サウナ・スパ協会認定(厚生労働省後援)の有資格者が執筆しています。

サウナ・スパ資格認定証

※個人情報など一部加工しています。

 

冷え性について

冷え性は、体温調節機能がうまくはたらかない状態で、身体全体がひどく冷えたり、温まりにくいと感じる症状です。

冷え性の原因

  • 血行不良などで身体の表面が冷たくなります。
    血行不良は、長時間同じ姿勢でいることや、運動不足などが原因です。
  • ストレスを感じると、交感神経が刺激され、身体全体の血流が悪くなります。
  • 鉄分やビタミンB群の栄養不足になると冷え性が起きます。

冷え性の症状

  • 手足や指先がひどく冷たくなります。
  • 頭痛、肩こり、背中の痛み、腰痛などを併発することがあります。
  • 女性は冷え性が原因で、生理不順や生理痛が起こることがあります。

おすすめの冷え性の対処方法

  • ストレッチやマッサージなどの適度な運動で、血行がよくなり、冷え性を改善できます。
  • 鉄分やビタミンB群を多く含む食品を摂取することで、栄養不足による冷え性を改善できます。
  • 保温グッズなどを活用して、冷えを予防します。
  • 冷え性の症状が重い場合は専門医に相談することをおすすめします。
  • 最もおすすめの対処方法として、身体を温め血行をよくして、冷え性の症状を抜本的にやわらげていく温冷浴やサウナのツボマッサージを紹介します。

ツボとは

ツボイラスト

ツボは東洋医学で「経穴(けいけつ)」と呼ばれ、わたしたちの身体に無数に存在し、生命エネルギーを供給する出入口のような役割を果たしています。
公益社団法人日本サウナ・スパ協会「知っておきたいサウナ・スパの基礎知識」

 

冷え性におすすめ】お風呂上りやサウナのツボマッサージ

冷え性におすすめのツボ

  1. 温冷浴やサウナで身体を温めます。
    蒸しタオルで足やふくらはぎを温めるのも効果的です。
  2. 足首から膝にむかって、ゆっくりなであげるようにマッサージしましょう。

冷え性に効くツボ1

①三里(さんり)

膝のお皿の下の端から指幅4本分(約5cm)下がった脛の骨の外側のくぼんだところで、指先で押すとじんわりと感じる場所にあります。
親指をツボにあて、残りの指をふくらはぎに添えて、やや強めの力加減で2~3分間かけて押しもみます。
この動作を3~5回繰り返しましょう。

②血海(けっかい)

膝蓋骨(膝のお皿)の内側の縁を指3本分ほど上がった場所にあります。
左右同時に、脚と同じ側の手で膝を包むようにして、親指でゆっくり3~5秒ほどかけて押します。
この動作を10セットくらい繰り返しましょう。
血液の循環が良くなり、痛みや不調が好転します。

③陰陵泉(いんりょうせん)

ふくらはぎの内側の骨際を下から上に指でなぞっていき、膝の下あたりで指が止まるところにあります。
親指をツボにあて、膝の下をつかむようにして、押したり、もんだり、また、指の腹でゆっくり息を吐きながら押していきます。
気持ちよいぐらいの力加減で止め、そのままゆっくり5秒ほど数えて、ゆっくり力を抜きましょう。
指の位置はそのままにしておきます。
この動作を3~4回繰り返します。

④三陰交(さんいんこう)

内くるぶしからアキレス腱を横に指でなぞります。
内くるぶしとアキレス腱の中間あたり(足の内くるぶしから指4本分上でスネの骨の際の辺り)で、押すと痛気持ちいい場所にあります。
ツボを押すときは、息を吐きながらゆっくり力を入れて、そのまま5~7秒ほど数え、息を吸いながらゆっくり緩めましょう。
この動作を3~4回繰り返します。

冷え性に効くツボ2

⑤委中(いちゅう)

膝の裏面で、膝を曲げるところに横シワが入るところの中央にあります。
ツボを押すときは、親指を反るような感じにして、そのまままっすぐ力を入れていきます。
やや強め(痛気持ちよいぐらい)の力加減で5~7回押しもみ、3秒ほど緩めます。
この動作を3~5回繰り返しましょう。

冷え性に効くツボ3

⑥百絵(ひゃくえ)

頭の上のほぼ中央で、両目の間と左右の耳の線が交差する場所にあります。
両手の中指の腹を重ね合わせ、まっすぐ体の芯に抜けるように垂直に押します。
1回 5~7 秒かけ、5セットほど繰り返します。

⑦湧泉(ゆうせん)

足の裏で、土踏まずから指側寄りのほぼ中央辺り。
足の指を曲げた時にへこむ部分にあります。
ツボを押すときは、親指の腹でしっかり押しながら、 円を描くようにもみほぐします。
5~7秒ほど押して、ゆっくり離す動作を、5~7セット繰り返しましょう。

温活もはじめてみましょう【おすすめ温活グッズ】

こむら返りが起きたり熟睡できなかったりと、そんな冷え性の症状にお悩みの方におすすめの温活グッズを紹介します。

おすすめ温活グッズ おすすめポイント


遠赤外線フリーバンド
巻くだけで足首ポカポカ
送料無料!10日間返品保証付き

冷え性でよく足がつる方におすすめです。
対処方法は足首のツボを温めることです。
足首に巻くだけで足全体をポカポカに温める
遠赤外線フリーバンド。
特許取得の遠赤外線繊維
「ファーベストファイバー」100%使用。
安心の日本製です。
【お申し込み】
2枚1組で3,300円~(税込)
送料無料!
10日間返品保証付き

丈夫で柔らかくしなやか
保温性が高いシルク素材の
冷え取り靴下

20分ほどの充電で最長8時間も
あったかさをキープします。
どんな利用シーンでも活躍します。

冷えを感じるときはもちろん、
首や肩凝り解消にもおすすめです。
目元・耳元をおおってクロスすると
アイピローとしても活躍します。

足湯のようなじんわりとしたあたたかさ。
履き心地もふんわりやわらか。

温活しながら指圧もできる、
指圧フットウォーマー。
冷えと疲れにアプローチしてくれる
優秀温活グッズ。

※横スクロールでくわしい説明をご覧いただけます。
※参考価格は変動することがあります。

【まとめ】【冷え性におすすめ】お風呂上りやサウナのツボマッサージ【サウナ・スパ有資格者が解説】

冷え性におすすめのお風呂上りやサウナのツボマッサージを紹介させていただきました。

ご注意
この記事は、温冷浴やサウナの振興を目的とした立場から、健康増進に役立つ、おすすめのツボマッサージを紹介するものです。
ツボマッサージは自己責任で行ってください。
また、体調がよくないときや、つらい症状などが出たときは、ツボマッサージをやめ、専門の医療機関を受診することをおすすめします。

あわせて、温冷浴やサウナは正しい方法で、ルールとマナーを守って、気持ちよく利用するように心がけましょう。

こちらもごらんください

当ブログでは、温冷浴やサウナの研究をとおして、役立つ情報やユニークな気付きを発信をしていきます。
フォローと読者登録をお待ちしています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。